読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
2016年12月31日で私の大好きな不破大地くんは32歳になります。
不破くん誕生日おめでとう。不破くんへの思いを綴る100日間のブログ。

不破誕まであと86日:魅力④

不破くん

続続続・不破くんの魅力

今日は私が不破くんかわいいなぁと思うところを箇条書きで書いてみたいと思います。どんどん行くぞ~!

私が思う不破くんのかわいいところ

  • 川に落下しているときでも表情が変わらないところ
  • 考察が終わってすっきりすると非常に満足げな顔をするところ
  • 興味を持ったらすぐさまやろうと言うところ
  • 勝負に負けた時に「もう一回」と子どもみたいなことを言うところ
  • 喜んでいる相手のピースサインにイラっとして指を逆方向に曲げるところ
  • みんなが敬遠する食べ物でも口に運び、これはなんだ?とはてなマークを浮かべるところ
  • 元日本代表のシュートでも止めると勝手に意気込み、止められずに勝手にショックを受けているところ
  • 友達が夢を語りながら打ったシュートを空気を読まずに止めるところ
  • おじいさんのぎっくり腰に驚くところ
  • サッカーを覚えるのにまず本を読むところ
  • 突然ボールを蹴ってくるような輩にも動揺することなく、マイペースを貫くところ
  • 売られた喧嘩はすぐ買うところ
  • 自分に絶対の自信があるところ
  • 名乗るときにフルネームを言うところ
  • 目的のためなら手段を選ばないところ
  • 密かに侵入したくせに堂々とゲームに混じるところ
  • バレてもあまり悪いと思っていなさそうなところ
  • 表情を変えずに笑うところ
  • なんてことないことを難しい言葉を使って回りくどく言うところ
  • 謝っているのに全然謝っているように見えないところ
  • 昼食がカロリーメイトと水
  • なんと言っていいかわからず「いい天気だな」と言ってしまうところ
  • そのあと気まずそうな顔をするところ
  • 自分がいいなと思った笑顔を真似してみるところ
  • それなのにまったく上手に笑えていないところ
  • 自分の笑顔で相手がなぜ怖がっているのかわかっていないところ
  • 素直じゃないところ
  • 考えをまとめるのに一人でぶつぶつ言うところ
  • 第六感で考えるより先に体が動いた時、驚いてぼけっとしていたところ
  • 自分は勉強しなくても問題ないのに、みんなの勉強会に参加するところ
  • 理解できないことを徹夜で考えてしまうところ
  • 考え方が極端なところ
  • バイキング形式の食事できっちりカロリー計算をしないと気が済まないところ
  • プリンをもらって文句を言うところ
  • にぎり箸だったところ
  • 誰に指摘されたのかにぎり箸が次の日には直っていたところ
  • 予測はできても、全部一人ではできないことに言われるまで気づかないところ
  • ぽんっと手を打って納得するところ
  • 反論すらできないときは大人しく怒られてたんこぶ作っているところ
  • 何かに夢中になると周りの声も聞こえないところ
  • それが魚の骨取りであるところ
  • 半目を開けて寝るところ
  • 不愉快なことを言われたときに相手のほっぺたを引っ張るところ
  • 人が褒められていたら、無言で自分を指さし、俺は?という顔をするところ
  • いつでもメジャーを持ち歩いているところ
  • 神様なんて信じていなさそうなのにみんなと一緒に初詣に行くところ
  • バレンタインデーを理解していないところ
  • あとから参加(しかも正規メンバーが怪我したからその替わり)なのに偉そうなところ
  • 新体操GK
  • お前には運がついているなどと言って、人のことを勝手にペタペタ触るところ
  • 失礼なことをズケズケ言うところ
  • 周りがハラハラしていてもまったく意に介さないところ
  • 相手が怒って首元掴んでこようが表情を変えずに揺さぶられているところ
  • 本人はいつだって至って真剣なところ
  • 白衣!サンダル!ママチャリ!
  • アイス食べてるところ(昔はプリンひとつで文句言ってたのに…)
  • 大人になってもなんにも変わってなさそうなところ(勝手に家に入るとか、鍵壊すとか、飲み会行くのも白衣とか)

あー!かわいい!かわいいですね、不破くん!
自分がどれだけかわいいか絶対わかってない不破くんが本当にかわいいです!!
明日は不破くんの魅力まとめ!

一日一問:不破くんセリフクイズ

昨日のセリフは岩工戦ハーフタイム、落ち込む野呂を不破くんなりに励まそうとしているときのものでした。不破くんこれまで人を励ますなんてしたことないだろうから、野呂くんうらやましい!

今日のセリフは
「せっかくの嫌味も通じないとみじめだな」
それではまた明日。