読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
2016年12月31日で私の大好きな不破大地くんは32歳になります。
不破くん誕生日おめでとう。不破くんへの思いを綴る100日間のブログ。

不破誕まであと80日:初登場①

笛感想

不破くん登場話を振り返ってみよう

Wの感想は配信日の夜に書いておりますが、肝心の笛の感想を書いていないなぁと思いまして。不破くん中心となりますが、少しずつ振り返ってみようかと思います。

STAGE.28 嵐を呼ぶ男!?

この28話が不破くんの記念すべき初登場です。こんなタイトルだったんですね~。左右十さんの「…とするとGKは…」というセリフから始まっていて、すでにフラグ立ちまくり。不破くんはGKになるべくして登場したのだ…。
武蔵森戦で足を痛めた風祭。でもこっそり練習しようとしたところタツボンに怒られ、家に帰ることに。このとき風祭が帰るという選択をしなかったら不破くんに会うこともなかったし、不破くんがサッカー部に入ることもなかったんだなぁと思うと、もちろん風祭にも感謝だし、怒ってくれたタツボンにも感謝。みんなみんなありがとう!
ぼーっと歩いていたら河川敷に着いてしまった風祭が見つけたのは、麗しの天使不破くんでした。
この時不破くんちょっと口が開いててかわいい。この最初のコマから次のページの最後のコマまで不破くんはずっと目が前髪に隠れてて見えない状態なんですよ。でもだからこそ目が見えた時にドキッとするというか、ここで心奪われた人も少なくないだろうなと思います。出てきたばっかりだけど、この二ページだけですでに十分かわいいですからね!ひょいっと橋の柵を乗り越える時の丸い背中とか、風祭の声に気づいた時とか、怪訝な顔とか。めちゃくちゃかわいい!
コマとコマの間に、先生の字で「昔やったよなこのシチュエーション」って書いてあったので、今回Xコネも引っ張り出して比較してみました。
確かに同じように橋の上でたたずんでいる京介様。でも京介様は川の方は見ておらず、うつろな目で宙を見つめている。まぁ京介様は橋からの高さを見ていたわけでも、川の速さを計測していたわけでもないですからね。獲物がかかるのを待っていただけで…。自殺する振りをして相手を振り回し、自分は絶対転落しない京介様と、自殺するつもりなんかこれっぽっちもなかったのに勘違いされて一緒に川に転落してしまう不破大地。ああ、似て非なるものなり。
京介様ももちろん好きなんですけど、でもやっぱり不破くんの方がぽけっとしているような気がしてかわいいなぁと思ってしまう。同じ顔だし、性格もパッと見似てるんですけどね。だけど京介様は攻めで不破くんは受けって感じです。突然ぶっこんですみません;

話を戻して…。
風祭にぶつかられた不破くんは一緒に川に落ちることになってしまうんですが、この時の不破くん…無表情。笑
いったいどういう心理状態で落ちてるんでしょう。不破くん泳ぎが不得意じゃなくてよかった!泳げなかったら85%の確率で死んでるところでしたからね!
その後、濡れた服をたき火で乾かす風祭と不破くん。このときのくしゃみは不破くんですかね。たき火にあたっているとき裸足なのもかわいいです。そこからは不破大地の本領発揮。考察の長セリフで読んでいる人にも強烈なキャラをアピールできたことでしょう!武蔵森戦という山場のあとに出てくる新キャラですからね、これくらい個性がないと。私はガッチリ掴まれました!
考察が終わってすっきりする不破くんのお顔のなんとかわいいこと!天使かな?さっかーってなんだ?って生まれたばかりの天使かな?
GKのことを「ゴールを「守る」するやつか?」って言うのもすごくかわいい!こんなにかわいのに、風祭のシュートをことごとくはたき落とすんですよ、この天使!いや、もうほんと天才。かっこいい。初登場から不破大地に惚れる要素は山のようにあったんだなと再認識しました。
最後には「な?簡単じゃないか?これのどこが面白いんだ?」って、一見嫌な奴みたいな発言をするんですけど、でもここまでのシーンで不破くんはちょっと変わっているけど悪い子じゃないということは伝わってくるので、単純に先の展開が楽しみになりますね。

たった数ページなのに思ったより書いてしまった!続きはまた明日。

一日一問:不破くんセリフクイズ

昨日のセリフは選抜合宿のミニゲーム。鳴海が登場した直後のゲームですね。鳴海から必死でボールを奪った風祭が放ったシュート!……をバシ!と正面でキャッチし、さらにダメ出しをする風祭に厳しい不破くんでした。

今日のセリフは
「フェイントを使うのも有なんだな了解した」
ではまた~。