読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
2016年12月31日で私の大好きな不破大地くんは32歳になります。
不破くん誕生日おめでとう。不破くんへの思いを綴る100日間のブログ。

不破誕まであと88日:雑記

今の気持ち

ついに雑記なんてタイトルをつけてしまった。
100記事分、中身のある不破大地記事を書くぞと意気込んでおりましたが、あの一コマの衝撃はあまりに大きかった。今日は特にテーマを決めず、思うままに書きたいと思います。
ちょっとばかし落ち込んでる人間の戯言として聞いてください。

漫画の楽しみ方って色々ありますよね。読んでストーリーを楽しむこと以外にも、私みたいに一人のキャラクターに入れ込んでみたり、絵や文をかいてみたり、同じものが好きな人と意見を交換したり。好きになればなるほど、その作品をもっと知りたくなって、細かい点に注目したり、描かれていないことを深読みしたりするのもよくあることだと思います。
笛はキャラクターの生年月日が決まっていて、しかも物語の背景に時代を反映させているから、この時キャラクターは何歳で、何をしていたのかという想像が容易にできてしまうんですよね。そしてキャラクターの情報は、中学生時代、2002年、2006年、サムファイのワールドカップ後、今回の2016年…とぽつぽつ点を打つように与えられているんです。
私なんかはその点と点をつないで、この間になにがあったのかなんてことを想像して楽しんだりするんですが、あるとき急に比較的大きい風祭のお子様が出てきたからさあ大変。子ども世代を描いたサムファイでの話です。
風祭は文庫読み切りで天城の妹と気持ちを通じ合わせる描写があったのでありえない話ではなかった。でも、展開が早すぎました。
一体何歳の時に結婚して何歳の時に子供ができたと言うのか。そしてその時相手は何歳?大丈夫?と、思わず計算して心配した人も多いのではないでしょうか。
いきなり出てきたキャラクターではありません。ずっと見てきた主人公です。だからこそこのキャラが、そんなに若くちゃんと稼いでいけるかもわからないという時に、結婚して子供を持つだろうか?と混乱したわけです。
子ども世代を描くにあたって、前の主人公の二世が出てくるなんてよくある話だし、年齢なんて大きな問題ではなかったのかもしれません。悪いことをしているわけではないし、それよりも現実世界と物語の年代を合わせることの方が大事だった。先生にとってキャラクターは自分の子供みたいなもの。そのキャラクターたちをいじるほうがよっぽど簡単でしょう。まぁ、色々あったんだよ、と言えば済む話です。あくまで私の想像なので実際先生がそんな風に思っているかはわからないけど、何にしても私たちは先生が世に出したものを、例えそれがこれまで自分が思っていたことと違ったとしても、そうなんだと受け止めるしかないのです。

私がなにを言いたいかと言うと、不破くんだってそれ以外のキャラだってこの先何が起こるかわからないよ、ということです。ええ、完全に負け惜しみです。
『普通に考えて』とか、『ここではこうだったから』とか、そういうのは通用しない気がします。読者がいくら型に当てはめて考えたところで意味はないのです。それは突然現れて、そしてこじつけられるのです。

昨日はツイッターでこんなことを言ってかまってちゃんしていた私ですが、やっぱり今でも最悪の事態がやってくるのではと思ってます。心の中に一つずつ石を積み上げて一生懸命防護壁を作っている最中みたいなものです。
不破似の女子って…。不破似の女子って…。完全にこの顔で女の子だったらおもしろいよね~くらいで登場させたとしか思えないじゃないですか。ほんともう…。せんせぇ…。
色々書いてますが私先生大好きだし、また先生のサッカー漫画読めるの嬉しいし、先生が楽しいように先生の好きに描いてくださいって思ってますよ。思ってます。思ってます。本当に。
最悪の事態を考えすぎて、これは先生が不破クラならきっと乗り越えられると信じて与えた試練なんじゃないかとすら思えてきました。そういう意味で言えば、天城クラスタも選ばれたと言うこと。将は…主人公だからね。
でも今ここで一人の不破クラが死にそうになっているのもまた事実。先生…先生どうか寛大なご判断を……。
不破くんのセリフに「娘」って文字があったらそれを「姪」に変えるだけだし、あの子のセリフに「お父さん」って文字があったらそれを「おじさん」に変えるだけでいいんですよ…!不破くん兄弟いないから姪っこのわけがないけどこの際どうでもいい!それだけで救われる命がある…!今ならまだ間に合う…たぶん…!校閲ガールになってチェックしたい!

まだ真相は何も明らかになっていない状態でどれだけ被害妄想広げてるんだと言われそうですが、人の不幸は蜜の味。昨日のアクセス数がいつもの倍だったこと私知ってるんだからね…。
明日は我が身と思ってみなさん心の準備をしておくことをお勧めします。痛い目見るよ。私みたいに。

一日一問:不破くんセリフクイズ

昨日の答えは、トレセンでシゲらしき後姿を見た不破くんがシゲではないと分析して言ったセリフでした。
結局シゲなんですけどね…。現実世界と相まってつらい…。

今日のセリフは
「ピンチの時こそGKの力の見せ所なのだろう?任せておけ」
なんか今とってもピンチだから不破先生にすべてを任せたい気分です。
それではまた。